子供プログラミング教育

小学生から高校生まで対応したプログラミング教材

2020年より小学校ではプログラミングが必須化されて注目される習い事となっています。

調べてみるとプログラミングを導入している教室はたくさんありますが、何か1つ教材を導入をしているという教室が多いです。
当教室は子供のプログラミングに力を入れていて小学校の低学年から高校生まで学べる教材を揃えています。

当教室で導入しているコンテンツを順に紹介していきます。

マイクラッチコース

1番人気のマインクラフトプログラミングです。
コースには低学年向けのマイクラッチJRコースと高学年向けのマイクラッチコースがあります。
・マイクラッチコース
小学4年生から中学生まで対象です。
3年間のコースで本格的なプログラミングを学ぶ事が出来ます。

・マイクラッチJRコース
小学2・3年生が対象です。
パソコンを触った事がないお子様でも大丈夫です。
1年間のコースでプログラミングの基礎を学びます。

ゲーム制作コース(スクラッチ)

初級・中級・上級の3つコースがあります。
ゲームを作りながらプログラミングを学びます。
学校の授業で使用する事が多いのが、このスクラッチです。
上級になるとかなり凄いプログラムが作れるようになります。

3Dゲーム制作コース

マイクラッチやスクラッチなどビジュアルプログラミングを卒業したお子様用のコンテンツです。
マイクラと同様に人気のゲームであるROBLOXを使用したプログラミングです。
Luaという現場でも使用する言語を使います。
3Dゲームを作りながら学びます。作れるゲームは無限大です。

検定対策コース

スクラッチを使用したコースになります。
サーティファイが主催するジュニアプログラミング検定に対応したコースとなります。
エントリー・ブロンズ・シルバー・ゴールド毎に教材を準備しています。
マイクラッチやスクラッチを学びながら一時中断して検定を目指すという事も出来ます。
試験会場にも登録しているので当教室で試験を受ける事も可能です。

キッズクリエーターコース

パソコンを使わないでIPADを使用したプログラミングです。
スプリンギンというアプリケーションを使います。
パソコンを使わず低学年から学べる事から停学年向けとしていますが、高学年でも学べる凄いアプリケーションです。

なお、子供プログラミングはスタディルームレオロボット教室として運営しています。