パソコン教室

windows11に無償アップグレードする必要はあるか?

windows11の無償アップグレード|ネクストステージパソコン教室

Windows11が2021年10月に発表されました。
アップグレードする基準を満たせば無償でアップグレードする事が出来ますが、アップグレードすべきかを書いてみます。

2021年11月1日の時点では急いでアップグレードする必要はなくしばらく様子見をすべきでしょう。

Windows11にアップグレードするリスク

Windows11にアップグレードするにはやはりリスクが存在します。
どんなリスクがあるかを説明します。

windows11に不具合があるまたは短命の可能性がある

今までwindowsも色々なバージョンが出されてきましたが,リリース当初は不具合がある可能性があるためしばらく待った方がいいでしょう。

また、windowsのバージョンにもVISTAやwindows8というメジャーバージョンではないバージョンもあるのでしばらく待って評価が固まってからアップグレードすべきでしょう。

使用しているアプリが対応していない可能性がある

OSのバージョンが上がるという事は使用しているアプリケーションもOSのバージョンに対応した物でないといけません。

ビジネスで使うOFFICEのエクセルやワードはマイクロソフトの製品なので対応していても他のアプリは対応に時間が掛かる可能性があります。
ですので最低でも自分が使っているアプリがすべてwindows11に対応してからでいいでしょう。

アップグレードのハードルが高い

windows11ニアップグレードをするのは無料で可能ですが、windows11にアップグレードするためのハードルは非常に高いものがあります。

無償なのでアップグレードしたいけれども出来ないというマシンも多くあります。

アップグレードする手間や費用が掛かる

アップグレードするためには非常に手間が掛かります。
まずはやり方を調べてそれからやっていきますが、すんなりと出来るかはわかりません。

失敗すればエラーの内容を調べてリトライとかするとそれなりの時間が掛かる可能性があります。
使っているアプリも無償でwindows11対応出来ればいいですが、有償の可能性もあります。

Windows11にするメリット

ここまでwindows11にアップグレードするリスクを書いて来ましたが、Windows11にすれば何がいいのかを書いてみます。
ようするにリスクを上回るメリットがあればアップグレードする価値があると言うです。

いつまで無償でアップグレード出来る?

windows7もリリース当初は無償でアップグレード出来ましたが、いつの頃からか出来なくなりました。
windows11も同じようになる可能性があります。

windows11はいつまで無償でアップグレードできるのかを調べてみました。

調べてみると今のところ期限はありません。

いずれ無償アップグレードは終了しますが、2022年10月5日以降になるとの事です。
終了する場合はアナウンスがありますが、少なくとも1年以内は大丈夫そうです。

思えばwindows7を10にアップグレードする時も似たような感じでした。

まとめ

無償アップグレードするかしないかというよりもアップグレード出来ないマシンを使っている人が多いと思われます。
windows11を利用するには新しいパソコン購入しないといけません。

新しいパソコンを購入するとなるとそれなりのお金が掛かるのでwindows11の機能で必要な物がなければしばらくWindows10を使用すればいいでしょう。

-パソコン教室